銀座スニーカーヒルズに行ってみた

2022年3月19日、阪急メンズ東京の11階にオープンした銀座スニーカーヒルズにようやく行く事ができました。

正確には「GINZA SNEAKER HILLS」で「GSH」と略すそうです。

銀座スニーカーヒルズってどんなところ?

銀座スニーカーヒルズは、スニーカーマニアが集う基地というコンセプトで、「SNEAKER MARKET」「SNEAKER MUSEUM」「SNEAKER HOSPITAL」「SNEAKER SCHOOL」の4つのブースがあります。

画像は入口正面で、入って左手がMARKET。右手が奥からMUSEUM・HOSPITAL・SCHOOLとなっている。

SNEAKER MARKET

スニーカーマーケットは、リユースのコメ兵が運営する、スニーカー専門のリユースショップです。

コメ兵の運営ということなので、デパートには珍しく、スニーカーの査定、買取を依頼することができます。

店内には、ナイキとニューバランスのユーズドスニーカーが数多く展示、販売されていました。

SNEAKER MUSEUM

歴史的な背景のあるスニーカーなどを展示するスペースで、イベントなども開催されるようです。

OPENから半年間は、スニーカーの歴史50年を振り返る博物館企画が開催されていました。

ナイキ創業者の自伝である「SHOE DOG」の中で出てきた靴が展示してあって、感慨深かったです。

SNEAKER HOSPITAL

スニーカーのカスタム・リペア・クリーニングを行っている。

カスタムを行っているのは、カスタムスニーカーブランドのOnebyOne=で、リペアとクリーニングはアトリエカトーが運営を行っています。

SNEAKER SCHOOL

自分で用意したスニーカーに、ペイントやスワロフスキーやレザーを用いたカスタムの仕方を学べます。

運営はforce_naokiによるもので、初級と上級の2コースが用意されていて、どちらも金、土、日の12時からと16時からの2部制となっています。

感想

平日の昼間だったので、ゆっくりとみる事ができました。

MUSEAMの展示がみられてとても良かったです。

リペアやカスタムは、事例をもっと見てみたかったのですが、ペイントは作業している方の後ろだったのでちょっと遠慮しました。

カスタムリペアについては、サンプルは見当たらなかったので、実際に持ち込んで相談しながら、オリジナルを作っていただくという形なのかもしれないです。(お店の人もいなかったので、聞けませんでした)

有楽町にお出かけの際には、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

私は、MUSEUMの展示内容が変ったらまた訪ねてみたいと思っています。

GINZA SNEAKER HILLS
GINZA SNEAKER HILLS
タイトルとURLをコピーしました